アレルギー:バラ科とツボのこと

バラ科の果物については、おいしい果物がとても多いですが、代表的な物には、桃、リンゴ、イチゴ、梨やサクランボなどがあります。
これらは、バラ科の果物であると同時に、実は、これらがアレルギーとなって、身体に異変を起こしてしまう、とされています。
その理由については、花粉症などとも関係があるとされています。

上記のような果物アレルギーについては、これらの果物を食べると、口の中に痒みが発生するなどとされており、また症状については、花粉症とも関係があることから、経過として、これらのアレルギーを体験した方の倍には、先に草や木々などの花粉症を経験し、その後に、果物を食べることによって、これらの症状が出てしまう、とされています。
つまり、二重に苦しい体験をされています。

また、このような症状が出るケースでは、バラ科の果物、リンゴや梨、サクランボなどを食べてから、辛い痒みなどが出る場合には、「シラカバ花粉症」と診断された方が、このように果物を食べた後に症状を体験されるケースが多いとされており、とても厄介なものとなっています。

このため、バラ科のアレルギーをお持ちの方のケースでは、このように花粉症とのつながりもあることから、花粉症の辛いアレルギーも経験されている方が多いです。

このような際には、ツボなどを押すことによって、多少は身体などへの影響も楽になるものです。

よく、花粉症では、鼻水などが止まらない、酷く連続してくしゃみが出る、などのケースがあります。
このような時に、押すと良いツボの位置としては、鼻の少し上の部分、「鼻通」というツボを刺激すると、鼻水などや鼻のぐしゃぐしゃした感じが、良くなるとされています。また、「ゲイコウ」と呼ばれる、鼻の下のツボも刺激をすると、鼻が楽になる、とされています。

ページトップへ